生活

電動歯ブラシ【ブラウン オーラルビー スマート5000】良かった点、イマイチな点

以前の記事で私が使用しているデンタルケア道具を色々と紹介しましたが、今回はその中でも特に気に入っている電動歯ブラシ【ブラウン オーラルビー スマート5000】について書いていこうと思います。

率直な感想として

  • 便利すぎて普通の歯ブラシには戻れない
  • 値段が高くランニングコストが思ったより掛かる(購入時本体¥12,990替えブラシ(3本入り)¥2,980
  • 意外と音がうるさい

ばんさん
ばんさん
他にも色々ありますので良かった点やイマイチだと思った点を順番に見ていきましょう!

また、私が普段から実践しているデンタルケアをまとめた記事もありますので、”歯”の手入れで悩んでいる方はそちらもご覧ください。

【ブラウン オーラルビー スマート5000】

まずは【ブラウン オーラルビー スマート5000】について見ていきましょう。

スマート5000は、優れた歯垢除去力と選べる5モードで毎日のブラッシング習慣をガイドする高機能モデルです。歯科クリーニング器具から着想を得た丸型ブラシが、歯の1本1本を包み込んで歯垢を除去します。ブラシ圧が強いと光ってお知らせする「押し付け防止センサー」や、付属の「やわらか極細毛ブラシ」で、歯ぐきへの優しさを実現。さらに、アプリと連動し、毎日のブラッシングをガイドします。

出典:ブラウンオーラルB公式サイト

スペック

<電源>充電式
<充電時間>約12時間
(フル充電で1日2回、各2分間使用した場合約2週間ブラッシング可能)
<定格>AC100V~110V/50-60Hz/0.9W
<質量>本体:131g

スマート5000タイプはブラッシングモード(モードを変更すると回転数が変わる)が5つあり、用途に合わせてモードを使い分けることができます。

<ブラッシングモード><上下振動><左右反転振動>
クリーンモード
(毎日の歯磨きに)
約45,000回/分約9,900回/分
プロクリーンモード
(回転速度が速くしっかり磨きたい時に)
約48,000回/分約10,500回/分
やわらかクリーンモード
(歯や歯ぐきの状態が気になる時に優しく磨く)
約33,000回/分約7,400回/分
ホワイトニング
(着色汚れを除去したい時に)
約32,000
~45,000回/分
約7,000
~9,900回/分
歯ぐきケア
(歯ぐきを優しくマッサージしたい時に)
約24,000
~45,000回/分
約5,400
~9,900回/分

上位のモデルになると上記のブラッシングモードの他に「舌クリーニングモード」が追加され計6モードになります。

ばんさん
ばんさん
色々モードを変えて磨きましたが、クリーンモードプロクリーンモードがしっかりと磨けている印象でした。正直な話5モードは多すぎて使いこなせませんでした。

「押しつけ防止センサー」ですが、歯と歯ぐきを守る為に過剰な力がかかった時に赤く点灯して教えてくれます。

また、”クリーンモード”と”やわらかクリーンモード”使用時は上下左右の回転速度が減速します。

「押しつけ防止センサー」点灯時

「オーラルBアプリ」と「スマート5000」を連動させればスイッチを入れた時にアプリのタイマーが起動して時間を計測してくれます。アプリの他の機能として「その日の歯ぐきの状態」「ブラッシング時間が適正か」など様々な機能があります。

上位のモデルになるとAIが「今」磨いているところを判断してアプリ画面に表示してくれるので、磨き残しのないブラッシングができるそうです。

ブラウンが推奨している歯磨き時間は2分となり、アプリのタイマーで確認する他に本体の「プロフェッショナルタイマー」で確認することができます。

「プロフェッショナルタイマー」は短めのシグナル音で30秒ごとに知らせてくれる機能のことで、口の中を4分割にした場合、1ブロックにかけるブラッシング時間(4×30秒=2分)を教えてくれます。

中身

中身は下記の通りとなります。

  • 本体
  • ブラシヘッド×2
  • 充電器
  • カバー付きブラシ収納ケース(ブラシヘッド4本収納可能)
  • トラベルケース
  • スマートフォンホルダー
  • 説明書

使用方法

購入時は充電が余りされていないので充電を先にします。

充電のやり方は充電器をコンセントに差し込んで、本体を充電器の”突起”に差し込めばOKです。

充電されている時は緑色のランプが点滅します。

次に歯磨きで使用するブラシヘッドにリングを装着します。

画像の青いリングをブラシヘッドの根元に差し込めば準備完了です。リングの用途は不明ですが説明書で指示されていたので素直に従いました。

ある程度充電されたら使用可能なので本体にブラシヘッドを付けて磨きます。

その際にブラシヘッドを濡らしてから歯磨き粉を付けますが、歯磨き粉は”米粒大程度”の大きさで大丈夫です。

電源ボタンを押せば”クリーンモード”から磨けますが、電源を入れる前に必ずブラシを口の中に入れてから使用してください。

口に入れず使用するとブラシ振動で歯磨き粉がとび散る危険があります。

磨く際は外側の歯→内側の歯→噛み合わせの順で磨き、ブラシを軽く当てて1本につき2~3秒程度磨いたら次の歯に移動させます。

口の中を4等分し、1ブロック30秒(プロフェッショナルタイマーでお知らせ)で磨きますので合計2分で歯磨きは終了します。

歯磨きの途中でも電源ボタンを押せば”クリーンモード”→”プロクリーンモード”→”やわらかクリーンモード”→”ホワイトニング”→”歯ぐきケア”→電源offの順でモードを切り替えられます。

ばんさん
ばんさん
しっかり磨きたい時は”プロクリーンモード”など、その時の状況に合わせてモード選択ができます。

磨き終わったら、電源をつけたままブラシの先を下に向けて、水でよくすすぎます。

その後電源を切り、ブラシヘッドと本体を別々に水ですすいだあと水気をふき取って片付け終了です。

本体は”防滴加工”が施されているので水に濡れても心配ありませんが、本体の内部に水が入ると故障の原因になるので注意が必要です。

良かった点

ここからは実際に使用してみて良かった点について書いていきます。

歯磨き時間が2分で終わる

1番良かった点は歯磨き時間が2分で終わることです。

手で磨くと最低でも4分程掛かってしまいますが、【ブラウン オーラルビー スマート5000】はメーカーが歯磨き時間を”2分”と設定していますので、今までの歯磨きと比べたら半分の時間で終わらせることができます。

ちなみに電動歯ブラシ中にYouTubeを見ながら歯磨きをすると、歯磨きに集中できない&スマートフォンに歯磨き粉が飛び散る現象が起きますのであまりオススメしません。

ばんさん
ばんさん
歯磨き中は歯磨きに集中して、終わったら違うことをしましょう。

磨き終わった後、歯がツルツルする

手で歯磨きをした時にはあまり感じられませんでしたが、電動歯ブラシで磨き終わった後に”舌”で触ると確かにツルツルするのが分かります。

手で歯を触ったら”キュッキュッ”とした感触もありますので、電動歯ブラシが高速で振動しているので手で磨くよりも綺麗に歯磨きを行えていることを実感できます。

逆に高速で磨いている分”歯”を削っていないか心配になりますが、今のところ”歯”は削られている形跡はないので、汚れを短時間でしっかりと落としてくれている電動歯ブラシには驚いています。

奥歯を磨くときに「オエッ」としなくなった

歯ブラシを奥に突っ込んでしまい、「オエッ」と吐きそうになってしまいますが、【ブラウン オーラルビー スマート5000】に変えてからはそれがなくなりました。

ブラシヘッドが意外と大きく奥まで突っ込めないことが関係していると思っています。

前までは「オエッ」となってから一度休憩をはさんで歯磨きをしなければならず、余計に時間を取られていましたが電動歯ブラシにしてからは改善されました。

ばんさん
ばんさん
冗談抜きで気持ち悪くなっていましたが、電動歯ブラシにしてからは「オエッ」がなくなったので歯磨きに集中して取り組めるようになりました。

イマイチだった点

ここからは実際に使用してイマイチだった点を書いていきます。

口を閉じないと歯磨き粉が飛び散る

手で歯磨きを行っても多少歯磨き粉が飛び散ると思いますが、電動歯ブラシはその比ではありません。

高速で振動しているので口を開けながら歯磨きを行うと洗面台の鏡に瞬く間に歯磨き粉が無数に飛び散ってしまうのでなるべく口を閉じて歯を磨くことを意識しなければいけません。

ただし、口を開かないと磨きにくい所もあるので、その時はなるべく洗面台の排水口に近い位置で磨くことで被害を最小限に抑えることができます。

ばんさん
ばんさん
鏡についた歯磨き粉を掃除するのは結構時間が掛かるので、口を開けて磨く際は工夫が必要です。

機能が多すぎる

【ブラウン オーラルビー スマート5000】には5つものブラッシングモードとアプリ連動の機能がついていますが、ぶっちゃけ私は機能を全部使いこなせていません。

ブラッシングモードはクリーンモードプロクリーンモードで十分と思っていますし、アプリは最初の頃は使用していましたが段々と面倒くさくなったり、スマートフォンに歯磨き粉が飛び散ったりしたので今では使用していません。

本当は機能を使いこなせれば今より良い歯磨きができるとは思いますが、機能を意識しすぎるとそのことがメインになってしまいそうなので、歯磨きに集中するために大事だと思う機能に絞って使用しています。

まとめ

  • 購入時本体¥12,990(ブラシヘッドが2本付いてくる)
  • 替えブラシ(3本入り)¥2,980→ブラシの交換目安は約3ヵ月使用したら交換
  • 充電式なので使用前に充電が必要
  • ブラッシングモードが5モードある
  • アプリ連動機能有
  • 過剰な力でブラッシングすると教えてくれる
  • メーカーが推奨する歯磨き時間を教えてくれる
  • 歯磨き時間が2分で終わる
  • 磨き終わったら”ツルツル”している
  • 口の奥に入れすぎないので気持ち悪くならない
  • 口を開けて歯磨きすると歯磨き粉が飛び散る→なるべく口を開けないで磨く。どうしても開ける場合は工夫が必要。
  • 機能が多すぎる→多くの機能を使いこなせる人はデメリットにはならない

イマイチな点を含めても私的には”電動歯ブラシに変えてからは歯磨きに集中できるようになりましたし、何より使ってみて便利”なので、もう手で磨く歯磨きには戻れません。

電動歯ブラシ自体安い買い物ではありませんが、使ってみればその良さが分かりますし、何より手で磨くより綺麗になるのでオススメです。

自分の”歯”を守れるのは自分だけですので、日常のデンタルケアでいつまでも健康的な”歯”を維持し続けましょう。

でわ、また!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA