生活

何がいる?【自宅焼肉】で必要だと思う道具

以前の記事で【自宅焼肉】のメリット、デメリットをご紹介しましたが、今回は焼肉を実際にやる際に必要だと思った道具を書いていこうと思います。

通りすがりのパパ

いやいや、グリルとトングあれば楽勝でしょwww

と思いますが、意外と見落としがちな道具もありますので【自宅焼肉】にチャレンジされる方の参考になれば幸いです。

ばんさん
ばんさん
焼肉の際に使用している道具や欲しいと思った道具を紹介します!

焼肉用グリル

まず必需品なのが「焼肉用グリル」ですね。

ただ、焼肉用グリルといっても数多くありますのでご自身で調べて予算、使いやすさが合いそうなグリルを選んでください。

ちなみに私が使用しているグリルはこちら

使用感等以前の記事で紹介していますのでよろしければご覧ください。

ばんさん
ばんさん
焼肉臭ゼロには出来ませんがグリルによっては大幅に抑えることができますので、購入金額が高いグリルは慎重に選びましょう!

トング

生肉をグリルの上に移す時に使用したり、もみダレとお肉を混ぜる時に使用する「トング」

テーブルに置いたときに、先っぽがテーブルにつかないタイプのトングを選ぶと汚れないのでオススメです。

正直な話、高いトングはいらないと思いますので100円ショップで購入できる物で大丈夫です。

とりわけ用の箸

焼けた肉をお皿に移す時に使用する「箸」

困惑する人

いや、焼けた肉取るのトングでよくない?!

私もそう思っている時期がありましたが、生肉はまだ加熱処理がされていませんので菌が付着している可能性があり、口に含んでしまうと食中毒になるかもしれません。

なのでトングは生肉用箸は焼けた肉用と使い分けることで食中毒になるリスクを回避できます。

特に小さなお子さんがいる家庭では徹底したほうがよろしいかと思いますので「とりわけ用の箸」をぜひ準備してください。

この箸も100円ショップの物でOKです。

タレ皿(仕切り有タイプ)

焼肉屋さんでよく見かける「タレ皿(仕切り有タイプ)」

こちらはまだ購入していませんが、実際に焼肉をしているときに欲しいと思いました。

タレだけではなく塩・胡椒で食べたり、ニンニクやレモン汁で味変をしながら焼肉って食べますよね?

全部ごちゃまぜにすると味がぼやけてしまいますのでタレ皿を用意すると思いますが、種類ごとにお皿を用意しては何枚あっても足りません。

ですが、この仕切り有タイプのお皿があれば3種類の味が楽しめるのとタレ皿もかさばらずテーブルもすっきりするので準備したほうが良いと思います。

確認していませんが100円ショップにあると信じています

ボウル

もみダレと肉を混ぜたり、サンチュやサラダを入れたり地味に活躍してくれる「ボウル」

各家庭に1つはあると思いますので特に買い足す必要はないです。

キッチンハサミ

大きな肉を切るキッチンハサミ」

特に小さなお子さんがいる家庭では肉を細かく切る必要があるので重宝すると思います。

安全面を考えて我が家のハサミは子供が手にとっても安全なプラスチック製を使用していますが、肉に対しては切れ味がイマイチなのでキッチンハサミをオススメします。

これも100円ショップで購入できるものでOKです。

お肉や野菜を刺して焼ける「串」

我が家では焼いている最中、バラバラにならないようタマネギの輪切りに刺して使用しています。

ステンレス串は価格は高いですが、洗えば何度も使えますし何よりカッコいいので憧れますが、100円ショップで売っている竹串で十分だと思います。

新聞紙などの敷物

テーブルの上に敷き、油跳ねなどの汚れを付かないようにする「新聞紙などの敷物」

新聞紙

でも新聞取っている人って少なくなっているのでは・・・・

確かに新聞紙が自宅にないって人がいると思いますので、それに代わる物を探してきました。

こちらの商品はその名の通り焼肉用のシートとなりますので、新聞紙がない方はこれでも良いかもしれませんが意外と高いので知り合いで新聞を取っている方から頂いたほうが安くつきます。

延長コード

「延長コード」?!と思うかもしれませんが、その通りです。

コンセントからテーブルまで遠かったりするとわざわざテーブルをコンセントの近くに寄せないといけないので延長コードが必要か焼肉前に確認が必要です。

自宅に余っている延長コードがあれば良いですが、全て使用中だと上記の手間が発生してしまうので焼肉グリル用に購入しても良いかもしれません。

ばんさん
ばんさん
我が家では初回確認していなかったのでテーブルを移動させました。

消臭剤

焼肉終了後に使用する「消臭剤」

高性能な焼肉用グリルでも臭いゼロには出来ないので必ず必要かと思われます。

最後に

紹介したほとんどの道具は100円ショップで揃えることができるので、いきなり高い道具を買わずに必要に応じて買い足せば良いと思います。

私自身、これからも【自宅焼肉】をやっていくうちに必要な道具が増えると思いますので、「これもいいな!」と感じた物があれば随時追記していきます。

最後に私が【自宅焼肉】に挑戦した記事を載せましたのでそちらもご覧頂けたら幸いです。

でわ、また!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA